ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税の仕組みについて。

ふるさと納税は、全国にある地方自治体に寄付をすることです。寄付をすると寄付をされた地方自治体はあらかじめ用意された返礼品が貰え、また自己負担金の2,000円を引いた金額が税金(所得税と住民税)が控除されます。

ただし、控除額以上に寄付をしても控除の対象になりませんので、あらかじめ控除額を知っていなくてはいけません。

控除額の上限は、ふるさと納税を行う本人の収入やその家族構成によって変わってきます。それではどのようにすれば自分の控除額を知ることができるでしょうか。

そこで下記で控除額のシミュレーションができるサイトを紹介していますので、良かったらご利用ください。

→ ふるさと納税の控除額シミュレーションはこちらから

今すぐに、ふるさと納税をしないという方でも、前もって控除額だけでも知っておくのは悪いことではありませんので、シミュレーションだけでもどうぞ。

↓ こんな美味しそうな返礼品もあります。