群馬県草津町 

ふるさと納税 限度額 シミュレーション

ふるさと納税の寄付金の限度額について。

実際には寄付金はいくらでも寄付することができますが、税金の還付及び控除されるときに自己負担が2,000円となる寄付金の上限のことを限度額として考えてみます。

ちなみにこの限度額を超えて地方自治体に寄付をするとその超えた分に関しては税金の還付及び控除はされませんので、2,000円以上の自己負担ということになります。

ただ、自己負担といっても実質的にはその寄付金は地方自治体の創生に使われたり、中には復興支援に使われたり、子供たちの育成に使われたりと決して無駄に使われるわけでありませんので、安心してください。

福島県南相馬市の復興支援に使われています >>> ブランドが貰えるふるさと納税ノーマスタイル

それで肝心な限度額はいくらなのか?当然知っていなければいけないと思いますが、個人の収入や家族構成によって限度額は違ってきますので、まずそのシミュレーションができるサイトで調べてみることをおすすめします。

こちらも先ほど紹介しましたノーマルスタイルさんのサイトで調べることができますが、私個人的にはもっとわかりやすいサイトがありますので下記のサイトをおすすめします。

>>> 簡単!4ステップでふるさと納税

控除額のシミュレーションがすぐわかりますので是非参考にしてください!