群馬県草津町 

ふるさと納税 限度額 超えた

ふるさと納税のふるさと納税の限度額を超えたら?

ふるさと納税で寄付するお金の限度額というのは、人によって収入が違うので限度額も違ってきます。自己負担が2千円以内で収まる寄付金額の最大値を限度額と呼びます。

もしその限度額を超えて寄付した場合、自己負担は2千円を上回りますので注意してください。

例を挙げると、例えば10万円がふるさと納税の限度額となっている場合、10万円の寄付をすれば、自己負担の2千円を除いた約9万8千円が来年の住民税および今年の所得税から控除されます。この場合2千円の負担で10万円分の返礼品がもらえるということです。

しかし、上限を勘違いして12万円まで寄付をした場合には、限度額を超えた2万円はただの寄付扱いになってしまうというわけです。

なので、まずふるさと納税をする場合にご自身の寄付金限度額を知らなくてはいけないのです。 こちらが参考になります ⇒ 簡単!4ステップでふるさと納税


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする